しわやたるみ改善にコラーゲンが必要な理由

model-2772910_960_720

30代40代と年齢を重ねるにつれ、女性はしわやたるみなどの肌老化に悩まされてしまいます。

肌老化の原因は幾つかありますが、その中でも深刻なのがコラーゲンが不足してしまうことです。

コラーゲンというのは肌の奥の真皮層という部分に網目状に広がっている物質です。

弾力のあるゴムが縦横に広がっているようなイメージで、表皮を支える要になっている物質です。

充分に肌にコラーゲンがある状態なら肌の土台がしっかりしていますから、ハリや弾力が保たれたふっくらした美肌でいられます。

年齢と共にコラーゲンが作られる量はどんどん減っていってしまって、土台のゴムのような部分がユルユルになってしまいます。

土台がユルユルになってしまうと表皮などを支えきれなくなって、重力に負けてたるみが起きてしまいます。

また、ユルユルの部分に凹みができてしまうと、くっきりとした深いしわになってしまいます。

コラーゲンが不足しているなら、化粧品でコラーゲンを補えばいいと考えがちです。

しかし、コラーゲンがある場所は肌の奥の真皮層で、そこまで化粧品のコラーゲンはたどり着くことができません。

いくらナノ化されたコラーゲンでも、化粧品で浸透できる部分には限界があります。

つまり、しわやたるみケアのためにコラーゲンを取り入れるなら、化粧品ではなく食品などが効果的です。

girl-1848943_960_720

体の内側からコラーゲンを補うことができて、肌の真皮層にもしっかり届けられます。

コラーゲン鍋やコラーゲンたっぷりの鶏肉や豚足、すっぽんなどを頑張って食べても、肌にコラーゲンが行き渡るわけではありません。

食品に含まれているコラーゲンというのは分子量が大きいので、体に吸収されにくいのです。

また、吸収されたとしてもアミノ酸に分解されて再合成されますから、肌のコラーゲンとして使われるとは限らないのです。

アミノ酸は肌や髪の毛などを作る元となりますが、筋肉や内蔵、血管などの体の中の全てを作る元となっています。

だから、食品でコラーゲンをたっぷり取っても、体の中の臓器などの一部として働き、肌のコラーゲンが一向に増えないという場合もあります。

エイジングケアや美肌のために肌のコラーゲンを増やしたいなら、より確実に肌のコラーゲンとして働きやすいような形で取り入れるのが理想的です。

それに適しているのがコラーゲンドリンクやサプリ、粉末などの美肌用の健康食品です。

girl-1848955_960_720

分子量の大きなコラーゲンを吸収されやすいようにコラーゲンペプチドという一番小さな形となっていますから、体への吸収力が高く肌のコラーゲンを増やすのに役立ってくれます。

また、美肌用の健康食品の場合には、コラーゲンの働きをサポートするビタミンCやエラスチンなど他の成分も配合されていますから、その分肌への効果も期待できます。

ある研究では、コラーゲンペプチドとして摂取した場合に肌のコラーゲン量が増えたという分析結果も出ています。

つまり、吸収されやすく取り入れやすい形となっている健康食品でコラーゲンを摂取することで、しわやたるみを改善できる確率が高まりますから、エイジングケアとしてコラーゲンサプリやドリンクなどを取り入れてみましょう。

コラーゲンドリンクの中でも、今人気のある商品が、美・皇潤です。

詳しくはリンク先のサイトで説明されていますが、当サイトでも、美・皇潤が一番のオススメとしています。

まだ飲んだことがないという方は、ぜひ一度お試しください。