背中ニキビの改善方法

5591719392_3f21dc07fa_z

10代後半から20代前半にかけて、背中ニキビが頻繁にできていました。

ニキビができる理由がわからず、様々なケア用品を使用してみましたが改善されませんでした。背中は鏡を使っても見づらく、手も届きにくいため一度ニギキができてしまうとケアが大変です。

下手なケアをしてニギビが潰れ、跡が残ってしまったこともありました。

そこで、できてしまったニギビを治すことばかりを考えるだけでなく、ニキビそのものができないように心がけました。気をつけたことは2つです。

1つ目は、食生活の改善をすること。唐揚げや天ぷらなどの油を使った食品やニギビが出来やすいとされているチョコレートやナッツ類はなるべく食べないこと。また、野菜やビタミンを含むフルーツを多く食べるように心がけました。

食生活を変えたことで背中ニキビだけではなく、顔にできるニキビも少し改善されました。気をつけたことの2つ目は、背中を清潔にすることです。

私は混合肌なので、顔がテカテカになるぐらいの脂っぽい箇所とカサカサに乾燥する箇所がありました。

ニキビは脂っぽい箇所にできやすかったのですが、どちらにも効果的だったのが肌の保湿です。背中を清潔に洗った後、きれいなタオルで拭き、顔と同じように保湿しました。

背中を清潔にするのに特に気をつけなければいけないのが、背中を洗った後に髪の毛が背中につかないようにすることです。

髪が長い人は特に、リンスがついた髪が背中に当たっていないか注意するべきです。

私はお風呂から出るとき最後にシャワーで背中をしっかり洗い流していました。これらを気をつけただけで、ここ数年は背中ニキビに悩まされることなく過ごしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>